本日休業!

おはようございます。
口熊野かみとんだは9℃晴れ。☼
今日(25日)、明日(26日)と連休です。🙇
P1110088.JPG
水沢腹堅 さわみずこおりつめる
 日に日に寒さが増していくようで、毎日マフラーもコートも手放せませんね。七十二候は今日から「水沢腹堅」(さわみずこおりつめる)。いかにも寒そうな名前です。あまりの寒さに、沢の水も凍りつき、厚く氷が張っている頃。1月25〜29日頃の季節ですが、ニュースなどで最低気温の記録が聞こえてくるのも、この時期が多いようです。
 池やバケツの水などに氷が張っている様子はとても寒そうで、今がいちばん寒い時期なのだということを思い知らされます。ただ、日は少しずつ伸び、明るい時間帯も長くなったことで、どことなく冬の終わりも意識する頃になりました。
 ほんの少しずつだけど、たしかに変化していく。そしていつしか春になり、夏になり、秋になり、冬に戻っていく。暦も、日々の積み重ねなのだと感じます。
 冬の言葉はとりわけ美しく好きなものが多いですが、その中でも「ひだまり」という言葉がお気に入りです。聞くと、やわらかく優しい気持ちになりませんか?
 ひだまりは、日当たりがよく、暖かい場所のこと。日があたっている、特定の狭い範囲をさす言葉です。春のぬくもりを含んだあたたかな日が、寒さで冷たくなった地面をそっと優しくあたためる。そんな光景を見たり想像したりすると、忙しい日々の中に癒しを見つけたようでほっとします。思わずそこに手をあててみたくなるような、冬の楽しみのひとつですね。日を受けた草花たちも、土も、アスファルトですら嬉しそうです。
 ついつい春の訪れが待ち遠しくなってしまいますが、雪や氷が作り出す景色も、とても美しく素晴らしいもの。この季節でしか味わえない楽しみを、あともう少しの間堪能しつつ、新しい季節へ向けていろいろ準備していこうと思います。みなさまにも、素敵な春が訪れますように祈っています。(暦生活編集部さん)
※七十二候(しちじゅうにこう)は、日本の1年を72等分し、季節それぞれのできごとをそのまま名前にした、約5日ごとに移ろう細やかな季節です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント