『ちょっと、ひとイキ 珈琲タイム』

おはようございます。
口熊野かみとんだは10℃曇り。⛅🌂
今日も☕&スローで、ゆったり明るくお待ちしております。
P1110118.JPG
春分 しゅんぶん
 春分(しゅんぶん)とは昼と夜が同じ長さになる日であり、自然をたたえ、生物をいつくしむ日とされています。多くの出会いや別れがあり、新生活の始まりなど変化が多いのもこの時期です。
雀始巣 すずめはじめてすくう
 雀が巣を作り始める頃。俳句や民話、童謡にも用いられ、日本人にとって古くから身近な存在である雀ですが、最近では生息数が少なく、貴重な存在になっています。
※野菜 土筆つくし
 田畑や川の土手に群生することが多い。土筆の花言葉は「向上心」であり、真っ直ぐ上に伸びている姿からも前向きさが伝わってきます。
※さかな 帆立貝ほたてがい
 貝殻が開いた状態の時に、一方の殻が船でもう一方が帆に見える事が名前の由来となった帆立。身が厚くなりタンパク質が増え、旨みが濃くなっているのが今の時期です。
※花 チューリップ
 チューリップは赤、白、黄色、オレンジ…と他にも様々な色や形の品種があります。日本に入ってきたのは江戸末期であり、現在は新潟県・富山県の県花とされています。
※お菓子 桜餅
 桜餅は餡の入ったお餅を塩漬けされた桜の葉で包んだものです。関東風と関西風があるのは、元々江戸で考案された桜餅が、関西へ伝わる際にアレンジされた為とされています。
※言葉 暁と曙あかつきとあけぼの
 暁は夜が明け始める前のことであり、夜の終わる頃とも言われています。曙は夜が明け始め空が明るくなり始める頃です。曙は「夜が明ける」と「ほのぼのと明ける」という言葉が組み合わさってできた言葉です。





この記事へのコメント